企業・店舗の皆様へ

●企業の皆様へ

仕事講話、職場見学、就労体験等にご協力お願いします。
三条地域若者サポートステーション(以下サポステ)では、様々な理由で仕事に就くことに不安を持ち、なかなか新しい一歩を踏み出せないでいる若者たちの相談に乗り、自立への道筋をいっしょに考えております。

●サポステを利用する若者たちとは?

サポステを利用する若者たちの多くは、就職氷河期世代のため正社員になれず非正規雇用形態で働かざるを得なかった人たちや、過去に受けた心の傷が癒えず、働くことへ踏み出せない人たちです。彼らの抱えるものは様々ですが、共通しているのは「一歩進みたい、働きたい」という思いです。

●皆様のお力をぜひお貸しください!

少しずつ前へと歩もうとする彼らですが、彼らの多くは社会と関わる体験が少なかったり、過去に辛い体験をしています。そのため社会で働くイメージが湧きにくく、強い不安を感じています。
そんな若者たちが勇気と自信をつけるためには、本格的に働く前のステップとして、実際の仕事に触れる場が必要です!
「働いていると辛いこともあるけれど、やりがいや楽しいこともある」
「あたりまえに見える何かも、いろんな人や思いがあってできている」
地域のこれからを担う若者がそんなことを体感する機会を、企業の皆様にご提供いただきたいのです。 若者と、この国の未来のために、ご協力いただけませんか?

●きっかけは何でも構いません!

「こういう仕事があることを知って、興味を持ってほしい」
「仕事や商品に対する思いを知ってほしい」
「ランチの時間だけ人が足りないから手伝ってほしい」
「売り出しの時期だけ、袋詰め作業を手伝ってほしい」・・・
もちろん、「若者の就労支援に興味がある」とお思いの方も、ぜひよろしくお願いします。

仕事はしたいけれど、具体的なイメージができなくて前に進めずにいる若者に、仕事への思いをぜひ教えてください!ご心配な場合にはスタッフも同席いたします。

~仕事講話~

日々の仕事についてお話しいただき、利用者からの質問などにお答えいただくものです。必要に応じてスタッフも同席いたします。

~職場見学~

職場を見学させていただき、仕事についてお話しいただくものです。可能であれば軽作業などを体験させていただければ嬉しいです。スタッフが同行いたします。

~就労体験~

就労体験を受け入れていただける場合には、ご負担にならない時間帯と簡単な業務内容で構いません。まずはご希望をお聞かせ下さい。体験開始時、スタッフが同席いたします。

●ご興味をお持ちの方は・・

何よりも「人と関わる」「仕事場に触れる」「社会に出ていく」ということを若者たちに体験して欲しいと思っています。「一歩進みたい」という若者達に機会をご提供いただけませんか?

ご興味をお持ちの方は三条サポステまでご連絡いただければ幸いです。 皆さまのご理解、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。