【シリーズ佐渡めぐり】今年も順調に 特産「おけさ柿」

 柿の栽培は一年を通して作業が続きます。冬は枝の剪定、春から夏にかけて蕾を間引く摘蕾、実を間引く摘果などを行い、柿の木1本1本丹精こめて育てて収穫を迎えます。
今は摘果の時期で、1本の枝に数個を残して間引く作業が行われています。
この一つ一つの作業を経て、美味しい柿になっていきます。